英語学習AI

小中学校で使われている英語学習AIアプリは、TerraTalk。

 

2020年度に小学校で英語教育が強化されました。2021年度には中学校で、先生が日本語を使わずに英語で教えることが推奨されています。TerraTalkは学校で教える英語教材として、2021年度に全国の5000校で導入される予定です。

 

いまや、小中学生に一番ポピュラーな英語学習AIアプリだと言ってもよいでしょう。

 

 


apple_store_badge@2x.png google-play-badge@2x.png

ブラウザでログンイン

 

 

親が子どもに教えられない英語の発音。

 

英語学習の基礎は発音。発音を覚えれば、「話す」力に加えて「聞く」力が伸びるといわれています。

しかし、日本人の親が子どもに教えることができないのが英語の発音です。学校の先生でも、子どもの間違っている発音を指摘し、正すのは難易度が高いでしょう。 

 

 

  

子どもが英語に接するのは学校です。

 

いまの子どもたちは、小学校5年生から教科として英語を習います。

もしも、学校の授業で英語ができないと、子どもは英語への苦手意識を持ってしまうかもしれません。

逆に、学校で英語ができれば英語を好きになることでしょう。

デジタル・サポーターズ・クラブでは、小学校や中学校の教科書、基礎会話をご家庭で学ぶことができるよう、いくつか教材を有料で提供しています。

 

 

コース名 教材名
小学校の英語 『東京書籍 New Horizon Elementary Picture Dictionary 令和2年度版』
『光村図書 Here We Go! 小学校向け 令和2年度版』
中学校の英語

『東京書籍 New Horizon 令和3年度版』
『三省堂 NEW CROWN 令和3年度版』
『SUNSHINE ENGLISH COURSE 令和3年度版』
『光村図書 Here We Go! 中学校向け 令和3年度版』
『教育出版 ONE WORLD 令和3年度版』
『啓林館 BLUE SKY 令和3年度版』

TerraTalk(実用英語) 『シチュエーション別 実用英語』(TerraTalkオリジナル)
旅行や趣味などの日常会話に加え、業界や職業ごとに設計されたレッスン

 

料金は月額1,100円~2,200(税込み)。ご利用開始初月無料で翌月末まで1か月分の利用料金でお使いいただけます。

 

 

覚えた英語を試すワークショップを開催します。

 

また、有料コースのご購入者を対象に、TerraTalkを使って英会話を行うワークショップをオンライン(Teamsビデオ会議)で開きます
仲間との英会話練習をお楽しみください。
 

 

ワークショップ詳細に進む

 

 

 

TerraTalkの特徴

英語学習の基本4技能「読む」「書く」「聞く」「話す」のすべてをAIで学ぶことができます。人からではなく、AIを使って英語を学ぶメリットは多々あります。

  • いつでも、どこでも、好きな時に好きなだけ、自分のペースで学ぶことができる。
  • 学習ログが残るから、履歴をもとに自分の弱点を把握することができる。
  • AIが先生だから、発音やイントネーションのフィードバックが一定していてブレない。

学校、教室での集合学習ではできない個別学習をAIがサポートします。

TerraTalkは、NECの教育クラウドサービス「Open Platform for Education(OPE)」に採用され、2021年度には全国の5000校で導入される予定です(※週刊BCNのニュースによる)。

 

 動画リンク.png

 

デジタル・サポーターズ・クラブがみなさまの新たな英語学習をサポートします。
トップへ戻る